【図解付き】エックスサーバで独自ドメインを利用してWordPressをインストールする方法

こんにちわ。スイです。

 

今回はエックスサーバでWordPressを構築する方法をお伝えしていきます。

最近ではどのサーバでもWordPressの自動インストールがついており、誰でも簡単にWordPressを構築できるようになりました。

とりわけエックスサーバは初心者でも扱いやすいサーバで、とてもオススメできます。

今回はエックスサーバについてお伝えしていきます。

公式サイトから申し込む

まずはエックスサーバ の公式サイトへ行きましょう。

▼お申込みをクリック

▼お申込みフォームをクリック

▼新規お申込み10日間無料お試しをクリック

すぐに契約しても10日間の無料お試し分は無駄にはなりませんのでご安心下さい。

必要項目を入力する

サーバID(初期ドメイン)

こちらは後で独自ドメインにするので、なんでもOKです。

プラン

X10の一番低いプランですが、容量が十分過ぎますのでこちらにチェックで何も問題ありません。

会員情報を入力する

▼その他必要情報を入力していきましょう。

登録区分

個人だと思いますので個人にチェック。

インフォメーション

エックスサーバ関連のメールがちょいちょい送られてきます。必要であればチェックを入れましょう。

もしチェックを入れて無くても、重要な更新情報などは送られてきますのでご安心ください。

私は外しています。

同意する

必要情報の入力が終わりましたら、利用規約に同意して確認をしましょう。

エックスサーバの支払いをする

▼お申込みが完了すると、登録メールアドレスにこのようなメールが飛んできます。

自分の会員IDやパスワードが記載されたメールなので大切に取っておいて下さい。

また、このメールアドレスの中にインフォパネルへログインするためのIDとパスワードが記載れています。

こちらからインフォパネルへログインしましょう。

▼料金のお支払いを選択して

▼チェックを入れて支払いの選択する。に進みましょう。

更新期間については、お好きな期間で問題ありません。

ちなみに私はいつも12ヶ月で更新しています。

銀行振込、クレジット決済、コンビニ決済、ペイジーが選択できます

お好きな決済方法を選んでそのまま決済してしまいましょう。

決済が終われば契約完了です。

注意点
契約期間が過ぎて更新費を払わなければ、サーバ契約が解除されてしまいます

更新日が近づくとエックスサーバからメールでお知らせがきますが、更新するも面倒です。

そのため自動更新にしておくと便利です。

クレジットカード支払いを選択した方は自動更新が使えますので、設定しておくといいですね。

自動更新の設定方法

▼カード自動更新設定をクリック

このまま設定を押すだけで完了です。

独自ドメインを追加する

まずはサーバパネルにログインしましょう。

インフォパネルのトップページからサーバパネルにログインすることができます。

▼ドメイン設定をクリック

▼ドメイン設定の追加をクリック

取得したドメインを追加する

無料独自SSLを利用する(推奨)

どちらもチェックを入れたままで大丈夫です。

入力したら[ドメイン設定の追加(確認)]をクリック

▼確認画面でドメイン設定の追加(確定)をクリック

SSLが失敗した場合

本来ならドメインを追加した段階で、SSLの設定がされます。

しかしよくSSLの設定が失敗するんですね。

※SSLとはhttpがhttpsになることで、難しいことは抜きにして、今後httpsが主流になるためやっておいた方がいい設定です。

経験上ほぼほぼ失敗します(汗

なので、個別でSSLの設定を行っていきましょう。

▼SSL設定をクリック

▼独自SSL設定追加

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する

チェックする必要はありません。

このまま独自SSL設定を追加するボタンを押してしまいましょう。

こんな画面がでます。

▼その後このような画面が出た場合

この場合、ネームサーバの設定が正しいかどうかの確認をしてみましょう。

取得したドメインのアカウントから、以下になっているか確認します。

▼エックスサーバのネームサーバ

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

こちらになっていても、↑のエラー画面がでる場合は、しばらく待てばOKです。

よくあることなので心配しなくて大丈夫!

▼この画面がでたら成功です!

SSLの設定が反映されるまで最大1時間程度かかる。と書いてある通りしばらく時間がかかります。

経験上だと早いと10分前後くらいで終わりますね。しばらく待ちましょう。

SSLの設定を見てみる

▼SSL設定をするとこんな画面がでます。

▼ここでhttps付きのURLにアクセスしてみて、設定がまだ完了していない場合はこんな画面がでます。

Google Chromeの場合

Firefoxの場合

このような画面がでた場合はまだ設定が終わっていません。

気長に待ちましょう。

なんにもせずに待っていればOKです!

ときどきアクセスして、この画面が表示されなくなれば設定は完了です。

WordPressをインストールする

ここまでくればあともう少しです!

▼左サイドバーのWordPress簡単インストールをクリック

▼WordPressのインストールを選択して必要項目を入力する

ドメインをサイトのトップにしたい場合は空欄でOKです。基本は空欄で大丈夫!

自分のサイト名を入力しましょう。あとからでも変更可能です。

WordPressにログインするときのIDを指定します。

WordPressにログインするときのパスワードを指定します。

自分のメアドを入力します。

自分のサイトにコメントが付いたとき、お知らせ関連がこのメアドに飛んできます。

なにもしなくてOK

なにもしなくてOK

確認にしてOKならインストールしましょう。

WordPressにログインしよう!

インストール後に指定したメールアドレスにメールが飛んできます。

▼これのログイン先をクリックしてWordPressのログインページに飛びます。

ここで先ほど入力したログインIDとパスワードを入力すればログイン完了です!

▼WordPressへようこそ!

これでインストールは完了です。

WordPressの初期設定

最後に2つだけ変更する箇所がありますので、それだけやればインストールは完了です。

URLのhttpからhttpsに変更する

▼設定をクリック

▼httpにsを加える

加えたら、[変更を保存]ボタンを押して完了!

エックスサーバ側でリダイレクト設定

これで最後の設定です。

リダイレクト設定とは、自分のURLがhttp://sample.comの場合、

http://sample.comにアクセスしたとしても、https://sample.comに転送される設定をすることです。

 

エックスサーバのサーバパネルにいきましょう。

▼ログイン後、こちら.htaccess編集をクリック

▼コードをコピー

以下のコードをコピーする
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

▼コードを貼り付ける

コードを貼り付けたら、

[.htaccessを編集する(確認)] → [.htaccessを編集する(確定)]

これで確定してしまいましょう。

これでリダイレクトの設定が完了しました。

例:http://sample.comにアクセスしたとしてもhttps://sample.comにリダイレクト(転送)されるはずです。

▼実際にアクセスしてみて、httpsになっていれば設定成功です!

▼画面はこんな画面になっているはず。

これでWordPressのインストールが完了です!

お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)