ピアノに向いている人・向いてない人の特徴。決め手は精神力!

ピアノを始めようか迷っている人にとって、ネックなのは続けられるかどうかということではないでしょうか。

ピアノは一朝一夕で上手になれるような楽器ではなく、上手く弾くには忍耐力や集中力が必要になります。

 

そこで、ピアノに向いているか、向いていないかということについて、それぞれの性格と特徴を踏まえて述べていきます。

音楽が好きかどうか

ピアノに向いている人の条件として外せないのが音楽好きであることです。

当たり前ですが、音楽が好きでないとピアノは楽しめません。

 

好きこそものの上手なれと言いますが、やはりまずは音楽・ピアノが好きであることが基本です。

逆に、音楽が好きではない人は、ピアノをやっても面白く感じられず、続けられなくなる可能性が高いです。

地道に努力できるかどうか

ピアノは、両手を巧みに使って、10本の指を駆使しながら音楽を奏でるという極めて難しい楽器です。

いきなり始めてすぐに上手く弾けるものではありません。

そこで、上達するまで地道に努力できるかどうかが向き・不向きのカギとなります。

成果をすぐに求めない

地道に努力できる人は、なかなかピアノが上手にならなくても諦めず、練習し続けることができます。
その努力を積み重ねていくことで、次第に弾けるようになっていくのです。

 

成果がすぐにあらわれなくても我慢強く待てる人が向いているのです。

逆に、やった分だけすぐに成果がほしいという人にとっては、ピアノの練習というのは苦痛な時間になってしまいます。

粘り強く待つことは苦手という人は向いていないと言えるでしょう。

目標に向かって突き進む力

地道な努力をしても、ただ粘り強く静かに待つだけではなかなか上達にはたどり着けません。

絶対にピアノを弾けるようになってやるという情熱が必要なのです。そのエネルギーが、練習の質を上げるからです。

 

だらだらと長時間こなすのではなく、短時間でも気持ちの入った練習をすることが大切で、ピアノに向いているのは、目標に向かって突き進めるようなパワーを出せる人です。

淡々とただこなすだけしかできない人には向いていません。

自分と向き合えるかどうか

ピアノは、基本的に一人で演奏する楽器です。つまり、練習も一人でピアノに向き合うことになります。

それは、とても孤独な作業とも言えるでしょう。そんな時間が苦にならないかどうかも大切なポイントです。

孤独とのたたかい

一人で練習することに、寂しさを感じると投げ出したくなるかもしれません。

孤独に耐えられない人は、ピアノには向いていないでしょう。自分と向き合うことが大切なのですが、それも苦痛なだけになってしまいます。

 

一人でじっくり集中することができる人が、向いているのです。

夢中でピアノに向き合えるから、やがて上達します。

スランプを乗り越えるということ

他の楽器やスポーツなどでもそうですが、ピアノをやっていてぶつかるのがスランプです。

人間が身体を使ってすることですので、どうしても調子の悪いときもあります。

 

そんなときに、気持ちを切り替えられるかということも重要です。

スランプに陥ったとき、気分を変えようとするなど視野を広く持てる人は、ピアノに向いています。

自分で乗り越えようという気持ちを持てない人は、向かないかもしれません。

まとめ

このように、ピアノはただ上手いか下手かという技術面だけでなく、精神面で向き不向きが決まってくるのです。

好きかどうかということはもちろん、地道に努力できるか、自分と向き合えるかどうかということが関わってくるのですね。

 

もともとの性格が、ピアノに向いているようなら始めやすいでしょう。

でも、向いていない人だって、ピアノをどうしてもやりたいなら、諦める必要はありません!

 

ピアノをきっかけに、粘り強さなど、メンタルも養える可能性が大きいです。

今のピアノ教室は無料体験も出来ますので、一度訪れてみるのもアリですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)